切開手術でデリケートゾーンの臭いを治療法する

切開手術でデリケートゾーンの臭いを治療法する

イビサデオドラント

 

デリケートゾーンの臭いで悩んでいる方には、手っ取り早く「臭いの元を断つ」ことができる治療法があれば、どんなに嬉しいことでしょうか。
最近の治療技術は目覚しく、手術による消去法も可能になっていますから、その手術方法を紹介していきましょう。

 

皮下組織削除法

 

切開して「皮下組織(アポクリン汗腺)を削除する」なんて、なんだか怖いような絶対に効果があるような話ですよね。
デリケートゾーンの臭いの元々は、アポクリン汗腺にあるのですから、この汗腺を削除できれば臭いは発生しないことになります。
手術法は、皮膚を数cm切開し、専用のローラーを皮膚表面に転がし、皮膚の裏側に粒状に並んでいるアポクリン汗腺をカミソリのような器具で切除するのだそうでが、術後は1週間ほど患部を固定しなければなりません。
しかし、効果は高く、しかも傷口が小さく済むのがメリットだそうです。

 

 

超音波吸引法

 

超音波メス使用の手術で、直接デリケートゾーンの切開はしません。
陰毛の生え際の上、お腹に近い部分の左右に5mmほど切り込みを入れ、超音波メスを挿入して動かながら手術を行います。
超音波による熱で、アポクリン汗腺を破壊して吸引する方法です。
皮下組織削除法よりも簡単な手術ですから、安いようです。

 

 

この2つの手術のデメリットは

 

1つ目のデメリットは、皮膚を切開して傷つけることからダメージを起こすケースがあることでしょう。
傷口は一時的に陰毛が抜けるだけという場合と、そのまま禿げてしまうこともあるようです。

 

また、症状が落ち着くまでに時間がかかることもデメリットの一つです。
術後には皮膚にガーゼなどを縫い込んで、持続的に圧迫をする「タイオーバー」が必要とされていて、これを数日間実施する必要があります。
これにより、日常生活に支障がでることがあります。

 

抜糸が終わるまでの数週間ほどは入浴はできませんし、術後の腫れや皮膚が硬くなって違和感がある、などの術後のさまざまな症状が落ち着くまでには、数か月かかると言われています。これは非常に大きなむデメリットですね。

 

2つ目のデメリットは、「アポクリン汗腺を取りきれない場合がある」と言うことです。
デリケートゾーンの臭いの元である「アポクリン汗腺」が全て取り除けないということは、折角手術しても臭いの悩みは多かれ少なかれ残るということです。

 

なぜなら、皮下組織削除法は脇のわきが手術に用いられることが多く、デリケートゾーンにはあまり適用が無いからです。
脇の場合には「アポクリン汗腺が確認しやすく」、逆にデリケートゾーンの場合には確認が難しいため、切開しても傷がつきやすいという欠点があるのです。

 

超音波吸引法の場合には、アポクリン汗腺を全て綺麗に取りきれないこともあると言われています。
臭いの元を断つ方法があるにはあるのですが、アポクリン汗腺が全て取りきれなかったり、皮膚にダメージを与えてしまう場合があることから、切開手術を勧めなかったり、行わない医院も多いようです。

 

 

メスを入れない治療もある

 

治療方法は進歩していますから、切開を伴わない手術法もあります。

 

ビューホット治療

 

最新の治療法(2014年8月から治療開始)で、メスで切開はしません。
しかもこの術式の場合には、一度で終了するというのですから受ける人にとっては物凄く嬉しいはず。
また、とても高い治療効果と再発の可能性の低さで注目されていますから、見逃す手はありませんし、治療を受けた95%以上の人が完全に症状がなくなったとの報告もあり、心強いでことですね。

 

治療は20〜30分程度で済みますし、治療法も高周波をエクリン腺やアポクリン腺などに照射して、汗腺を破壊するというもの。
局所麻酔や無痛麻酔をデリケート部分に行うため、痛みは感じずに済むらしいです。

 

術後も皮膚が少し赤くなる程度ですから、肌に対してのダメージが少なく、1週間程経て針穴に小さなカサブタがつく程度とのことです。
翌日にはシャワーの使用もできますし、回復までの期間が非常に短いのが特色で、その上事後処置のための通院は不要だそうです。
腋臭(わきが)の場合には、範囲が広くなりますから、時間は60分くらい掛かることもあるようです。

 

 

電気凝固法

 

こちらは、電流をアポクリン汗腺の一つずつに針で流し、凝固させて焼却する治療法です。
治療時間は20〜30分程度と短いのですが、3ケ月おきに2回ほど受けなければなりません。
メスを使用する手術と比べ痛みは殆どありませんし、治療後の日常生活にも支障はありませんが、体質と治療によっては陰毛が薄くなることもあります。
腋臭よりも、デリケートゾーンの臭いに効果が高いようです。

 

 

ボトックス治療

 

ボトックス(ボツリヌストキシン)という薬剤を注射し、神経伝達物質のアセチルコリンをブロックし、陰部の汗を抑える治療法です。
汗を抑えることで、デリケートゾーンの臭いは抑えられますが、5〜6か月ほどしか効き目が続かないため、完全に消し去ることはできません。
軽度の臭いには効果的ですが、臭いが強い場合には抑えられないこともあります。

 

でも、いろいろな治療法の中で、もっとも手軽な方法です。
この治療法と同時に、ビキニライン(V)と陰部の両側(Iライン)を脱毛することで、効果はさらに発揮されるとも言われています。
陰毛の根元に細菌が増殖して臭いは発生しますから、陰毛を少なくすることで細菌が増殖する環境を無くし、臭いの元を絶つと言う理由からです。。

 

これらの治療法は、自分がどの程度の治療を行うかを良く考えて、選ぶとことが大切です。
完治させたいのか、臭いを軽減させたいのか、しっかりと自分の症状を見極めて選びましょう。
「ともかく臭いを全て消し去りたい」のか、「できれば治療は1回で済ませたい」のか、

 

しっかりと希望を医師に示してから、治療方法を相談・確認しましょう。

 

 

イビサデオドラント

 

イビサデオドラントの口コミで分かった4つの批判を徹底検証! TOPはこちら