すそわきがの遺伝について

すそわきがの遺伝について

イビサデオドラント

 

すそわきがは、多かれ少なかれ誰にでもあるものです。
不潔にしているからなってしまうものでもありません。
その多くは「遺伝」にあると考えられています。
なぜ遺伝するのか、その確立はどれくらいなのか、調べてみました。

 

アポクリン汗腺の遺伝

 

簡単に「すそわきがは遺伝する」と書きましたが、正確に言うと「すそわきがの原因であるアポクリン汗腺の量や質が遺伝」しているのです。
汗を分泌する器官「アポクリン汗腺」が多い場合、すそわきがは発生します。
あまり臭わない人にも「アポクリン汗腺」はありますが、その量が少ないか、活発に活動していないかで違ってきます。

 

「すそわきがは遺伝する」ということは、『アポクリン汗腺の量や質を親から受け継いでいる』と言うことですから、生まれた時から決まっていることなのです。
そして、アポクリン汗腺は成長に合わせて発達していきますから、ある年齢を超えるとすそわきがになってしまうのです。

 

 

遺伝の確率はどのくらい

 

「アポクリン汗腺」の数が遺伝されるのですから、親がすそわきがの場合は、その子ども達もすそわきがになりやすいでしょう。
そうは言っても必ずそうなると決め付けることはできませんが、遺伝の確率はかなり厳しいようです。

 

両親がともにすそわきがの場合は約80%、片親がすそわきがの場合は約50%と言われています。
とても高い確率で遺伝する訳です。
お子さんにとっては、すそわきがを理解できるのは成人に近くなってからでしょうから、ご両親が共にそうだった場合には、お子さんのために少し考えてあげる必要はあります。

 

すそわきがの遺伝の確率が高い訳

 

片親がすそわきがなだけで、およそ半分の人がすそわきがになります。
「アポクリン汗腺の量や質の遺伝が優性遺伝」だからなのですが、体質を決定する染色体は両親から1つずつ遺伝子をもらい、対になって出来ています。

 

母親の遺伝子をA、父親の遺伝子をBとした場合、その組み合わせはAA、AB、BBの3種類になります。
しかし、優性遺伝の場合は中間のABという概念がありませんから、母親寄りのAAか、父親寄りのBBしかないのです。

 

そうして片親がすそわきがの場合には、その発症確率は50%になります。
隔世遺伝などで、両親がすそわきがの場合でも発症しないこともあるようですが…。

 

 

「すそわきが」の原因は遺伝以外にもある

 

すそわきがの原因が、全て遺伝にあるわけではありません。
食生活が原因の発症もあるのだそうです。
昔の場合、「すそわきが」や「わきが」で悩むことが今ほどに高くは無かったそうです。
戦後すっかり変わってしまった食生活が、少なからず影響しているという見解があります。

 

外国には、日本に比べて非常に多く「すそわきが」や「わきが」の人が居るとされています。
そのことは、毎日の食生活が身体の代謝に関係し、アポクリン腺の活性化に影響しているからと言われています。
つまり、肉中心の食生活や、脂ものが多い食生活を続けていることで、アポクリン腺の活性化が成されていくと言うことです。

 

このような洋式の食事習慣によって、「すそわきが」のリスクが高まると言うことです。
「アポクリン腺」を多く持っている人でも、食生活の改善によって「水が主成分となるサラサラした汗」を分泌できていれば、臭いに悩むことはないということです。

 

完全に臭いを抑えられなくとも、強さを弱めることは食生活の見直しで可能となりますから、諦めずに『食生活の改善+臭いのケア』を続けていきましょう。

 

 

イビサデオドラント

 

イビサデオドラントの口コミで分かった4つの批判を徹底検証! TOPはこちら