スソワキガの治療法と手術法について

スソワキガの治療法と手術法について

イビサデオドラント

 

 

女性にとっては非常に悩み多い「スソワキガ」ですが、治療法はいくつか存在しています。
その選択が自身に合ってさえいれば、臭いの悩みは抑制することもできます。
ただ、治療することだけが解決策ではないのが悩ましいところ。

 

それでもまずは、臭いの軽減だけを考えて治療法を探りましょう。
臭いにだけに気を向けていると、デメリットも大きくなる可能性があります。
よく考えてから治療するかどうか、自分で決めてください。

 

 

スソワキガの3つの治療方法

 

臭いの抑制には3つの方法があります、順番に紹介しましょう。
医療行為として行いますから、美容外科などでの治療になります。

 

 

ボトックス注射

 

デリケートゾーンの汗を抑える治療になります。
汗をかくことで臭いが発生しますから、ボトックスという薬を注射し、神経伝達物質の一つであるアセチルコリンをブロックし、汗を抑える方法です。
注射ですから、一番手軽な治療法なのですが、効果が5〜6か月程度しかありません。
何回も治療を受けなくてはなりませんから、根本的な解決法ではありません。
さらに、重度の場合には効果的ではないということも…。

 

 

電気凝固法

 

この方法も汗を抑える方法ですが、少し複雑になります。
陰毛の毛穴一つ一つに針を刺し、電流を流してアポクリン汗腺を焼き切ってしまうのです。
毛穴に全て針を刺すと聞くと、物凄く時間がかかりそうですが、実際には治療時間は20〜30分程度で、3か月ほど間隔を開けて2回程度受けることで効果が現れます。
痛みもほとんどなく、治療後の日常生活に影響が出ることもないのが良いですね。
脇のわきがよりも、スソワキガに特に高い効果を発揮する治療法です。

 

 

ビューホット治療

 

日本で開発された新治療法で、2014年8月から治療が受けられるようになりました。
アポクリン汗腺を破壊する治療法ですが、麻酔を打ってからデリケートゾーンに高周波を当てて、エクリン汗腺やアポクリン汗腺を破壊するという方法です。
1回の治療で済み、しかも治療を受けた人の95%が、完全にスソワキガの臭いが無くなったと報告されています。
治療時間も20〜30分程と短く、何度も通院しなくてもいいですし、その高い治療効果と再発率の低さが注目を集めています。

 

 

手術方法も紹介します

 

脇のわきが対策としての手術はありましたが、スソワキガには対応されていませんでした。
でも、近年の技術の進歩は素晴らしく、スソワキガに対する手術法も確立されてきています。

 

皮下組織削除法

皮膚を数cm切開した上で、皮膚表面を専用のローラーで転がし、皮膚の裏側にあるアポクリン汗腺を切除するというものです。

 

治療効果は高く、傷口も小さくて済みますが、手術後は患部を一週間ほど固定しなくてならないのがちょっと大変かも知れませんね。

 

 

超音波吸引法

アンダーヘアの生え際の上部に5oほどの小さな切込みを入れ、超音波メスを挿入してアポクリン汗腺を破壊して吸引するという方法です。

 

皮下組織削除法よりも、少し安くなる場合が多いようです。

 

 

スソワキガの手術のデメリットについて

 

クリニック(病院)でのスソワキガの改善法は、治療と手術の2種類があります。
手術は高い治療効果が期待できますが、治療には無いデメリットもあります。

 

日常生活に支障をきたす

 

手術後、皮膚にガーゼなどを縫い込んで圧迫を続ける「タイオーバー」を数日間行う必要があります。

 

このために、シャワーはもちろん入浴は厳禁ですし、「タイオーバー」後も抜糸が済むまでは数週間を要します。
臭いを無くすための手術で、別の臭いに悩まされるなんてことにもなりそうですね。

 

皮膚がダメージを受ける

 

皮膚を切開しますから、当然皮膚はダメージを受けます。
傷口は、一時的にではあってもアンダーヘアが抜けたり、またそのまま生えてこないこともあるのだそうです。

 

 

セルフケアの誤ったスソワキガ対策

 

このようなとても大変な治療法や手術法を読んだ後では、「セルフケアで済ませたほうが安心簡単」と思われたことでしょう。
お金も時間も掛からずに、簡単に使用できるデオドラント剤や殺菌作用のある石鹸もありますから…。
デオドラント剤は臭いの抑制に使用しますが、最近ではデリケートゾーン専用のデオドランドクリームも多数販売されていて、臭いへの効果も高くなっているのが特徴ですね。

 

治療や手術を考える前に試用してみるのも良いでしょう。

 

注意が必要なのは「殺菌作用のある石鹸」の場合です。
膣の自浄作用を阻害してしまう可能性があり、スソワキガの臭いよりさらに強烈な臭いを発してしまうリスクを背負うこともあります。
スソワキガの臭いの被害よりも、体の防御機能をも阻害してしまう危険があり、健康面での心配も出てきますから、洗い過ぎなど過剰なケアには注意しましょう。

 

 

イビサデオドラント

 

イビサデオドラントの口コミで分かった4つの批判を徹底検証! TOPはこちら