スソワキガに適した石鹸と膣内洗浄について

スソワキガに適した石鹸と膣内洗浄について

イビサデオドラント

 

 

スソワキガを気にしている人は、綺麗に洗うことに神経を使いますから、石鹸でゴシゴシ洗いをすることもあるようですね。
デリケートゾーンを清潔にするのは正しいことですから、洗浄はしっかりとすべきですが、石鹸のゴシゴシ洗いは効果がありません。
デリケートゾーンの正しい洗い方をご紹介します。

 

 

スソワキガには専用の石鹸が必要?

 

スソワキガに悩んでいる人なら、その臭いの原因はアポクリン汗腺から出る汗だと知っているでしょう。
そして、デリケートゾーンのべたつきも気になっていることと思います。
べたつきは気持ちの悪いものですから、洗い落としたいという気持ちにもなります。

 

そして、石鹸でのゴシゴシ洗いになる訳ですが、この洗い方ではスソワキガの解消にはならないのです。
一時的にはサッパリしますし、臭いも軽減されるでしょう。
でも、時間を置くことで元に戻ってしまいます。

 

スソワキガの人は、体質的に臭いの原因となる汗を分泌するアポクリン汗腺が多いのですから、一時的に汗を落としたとしても、臭いが復活するのです。
それだけではなく、ゴシゴシ洗いによってブドウ球菌などの善玉菌が減ってしまい、臭いの原因となる悪玉菌が増えてしまって、逆に臭いを強めてしまう場合さえあります。
これが、「普通の石鹸ではスソワキガを改善することは出来ない」という理由です。

 

 

スソワキガに効果的な石鹸とは?

 

デリケートゾーンは、字そのままに非常にデリケートな部分です。
当然、石鹸も洗い方も違ってきます。
スソワキガの人専用に「デリケートゾーン専用石鹸」の試用をおススメします。

 

普通の石鹸との違いは、デリケートゾーン専用石鹸は弱酸性に作られていることです。
なぜ「弱酸性」かというその訳は、デリケートゾーンは尿やおりものなどのアルカリ性のものに触れる事が多い場所だからです。
アルカリ性の石鹸の使用では、必要な善玉菌まで洗い流してしまって、臭いは悪化しますし、肌への負担も大きくなって黒ずみの原因にもなりかねません。
元々、デリケートゾーンは「乳酸菌などの働き」によって弱酸性に保たれています。

 

デリケートゾーン専用石鹸は、その状態を守りながら洗う事が出来るのです。
さらに、臭いや痒み、黒ずみを抑制する成分も入っています。
具体的に言うと、「ミョウバン」「ジャムウ」「アロエ」などの成分なのですが、デリケートな部分で気になる臭いや痒み、黒ずみを抑えてくれる効果があります。
普通の石鹸は香料などで強い香りを出していますが、デリケートゾーン専用石鹸は臭いの原因菌を殺菌する事が出来るため、スソワキガにはとても効果的なのです。
しかし、デリケートゾーン専用石鹸を謳っていても、香料で誤魔化している製品も含まれていますから、成分はしっかりと確認して購入しましょう。

 

 

デリケートゾーンに膣内洗浄はどうなの?

 

「臭いは元から断たなきゃ駄目」とばかりに、膣内洗浄をする方も居るかもしれません。
しっかり臭いを断つつもりが、逆効果で臭いを強める結果になる場合もあります。
確かに、膣内洗浄専用の器具などの中には、スソワキガに効果的なものもあるようです。

 

しかし、間違った膣内洗浄は危険です。
お風呂のお湯でジャバジャバ洗ったり、ボディソープや石鹸で膣内を洗ったり、ボディタオルでこすったり、ビデを高頻度で使用したり、どれも皆間違った方法です。
このような間違った膣内洗浄は、おりものも洗い流してしまいます。
おりものは不浄なものではなく、体外から雑菌が入り込まないようにする働きを持っていますから、洗い流してしまう事で膣内が無防備になり、雑菌が入り込んで病気になってしまう事すらあります。
病気にまではならなくても、足りなくなったおりものを補充するために大量のおりものが分泌されますから、臭いがさらにきつくなってしまうことも考えられます。

 

膣内洗浄は、正しい方法で行うことが大切なこと、お分かりいただけたでしょうか。

 

 

イビサデオドラント

 

イビサデオドラントの口コミで分かった4つの批判を徹底検証! TOPはこちら