デリケートゾーンの臭いによく効く石鹸の選び方

デリケートゾーンの臭いによく効く石鹸の選び方

イビサデオドラント

 

デリケートゾーンの臭いの悩みには、石鹸使用での解消をお勧めします。
毎日家庭で入浴の際にお手入れができるのですから、恥ずかしくもありませんし、とても手軽なのが嬉しいですね。

 

ただ、肌を白く綺麗にする為の石鹸ではなく、臭いをなくすための石鹸ですから、香料や美しい着色は必要はありません。
その選別のポイントは、刺激の強い石鹸は選ばないことにあります。

 

臭いをなくすためには、殺菌成分や消臭成分に力を入れているため、強い成分を配合することもありますが、デリケートゾーンの臭いの場合は、微妙な部分でもあるため穏やかに効く成分が望ましいのです。

 

デリケートゾーンの臭いの元は、汗腺から出る分泌液が原因だといわれています。
その汗腺を刺激の強い石鹸で洗うことで、汗腺はさらに刺激されて分泌液が出やすくなってしまい、それに雑菌が交じり合うことで「すそわきが」の臭いは増すのです。
なるべく穏やかな成分で、匂いのきつくない石鹸を選びましょう。

 

 

洗浄力が強過ぎる石鹸は避けましょう

 

刺激の強い石鹸と共に、避けたいのが「洗浄力が強過ぎる石鹸」です。
デリケートゾーンを衛生的に保つことはとても大切ですが、あまりにすっかり綺麗にしてしまうのもやりすぎになります。

 

皮脂や水分をすっかり落としてしまうことで、皮膚は乾燥してしまいます。
皮膚の乾燥は、肌を「大変だ、守る為に汗腺から皮脂をたくさん出さなくっちゃ」と懸命にさせて、皮脂は出やすくなってきます。

 

その皮脂が、臭いの原因に生るのです。
過度な皮膚の乾燥によって刺激に非常に敏感にもなり、その刺激がさらに皮脂を分泌するという悪循環も起こりかねません。

 

臭い対策には洗浄力が重視されることも多いので、強い洗浄力は良いように思われますが、強すぎる洗浄力は要注意なのです。
弱酸性や天然成分などで構成された、洗浄力が強過ぎない石鹸を選び、優しく洗うようにしましょう。

 

 

保湿効果の高い石鹸を選びましょう

 

皮膚の乾燥が逆効果なら、保湿成分の高い石鹸が良いのではと思いますよね。
そうなのです、しっとりとした適度な湿り気は必要です。

 

湿っていては臭いが気になりそうなものですが、乾燥も先に述べたように良好な状態とはいえないので、潤いはとても必要なのです。
そのために石鹸は洗浄と言うだけではなく、皮膚の優しいケアもできるものが良いでしょう。
保湿成分の安全性は、しっかり確認をしてくださいね。

 

自分の肌との相性も忘れないでください

 

石鹸の選び方の最後は、自分の肌と使用する石鹸との相性の問題です。
人は皆それぞれに性格も見た目も個性的ですから、肌質も一人ひとり違っていて当然です。
自分に合った石鹸を、根気よく探しましょう。

 

相性が良くないと、使用中に「痒み・かぶれ・湿疹」などの肌荒れが生じます。
少しでも変だと思ったら、それは相性の悪い石鹸ですから、速やかに使用は止めて下さい。

 

ネットでの口コミや、お店の人の押し付けなど、自分自身の身体の大切な部分の臭い削除のためなのですから、人の言葉や勧めに惑わされず、じっくりと良いと思われる石鹸を探し出してください。

 

 

イビサデオドラント

 

イビサデオドラントの口コミで分かった4つの批判を徹底検証! TOPはこちら