デリケートゾーンの臭い対策のおりものシートの選び方

デリケートゾーンの臭いによく効く石鹸の選び方

イビサデオドラント

 

わきがの独特の酸っぱいような臭いは、脇にあるアポクリン汗腺から出た汗が雑菌などと交じ混じり合うことで発生します。
そしてわきがの人は、同じようにデリケートゾーンの臭い(アポクリン汗腺の問題)にも悩んでいるのです。
デリケートゾーンは普通は衣服などで隠されていますから、汗をかきやい繊細な場所ですし、尿などで汚れやすく雑菌も繁殖しやすくなります。
トイレ使用の度にウォッシュレットなどで綺麗に洗ったり、毎晩入浴の時に細心の注意を払って綺麗にしていても、汗をかきやすい部分なので臭いは防ぎきれません。

 

 

清潔に保つためのおりものシート

 

女性には定期的に訪れる生理がありますが、その前後に臭いは強くなる傾向がありますから心配にもなるでしょう。
でも、しっかりと対策をしていれば、臭いを最小限に抑えることができます。

 

その方法の一つは、通常女性が使用しているおりものシートを上手に使うことです。
このシートは、女性が普段から気に入っている下着類を守るために使用するものです。

 

せっかくの新しい下着を、おりもので汚したり、臭いが移っては興ざめですよね。
このおりものシートには、様々な種類が出ています。
強すぎな香り付きのものが好評のようですが、臭い対策には向いていません。

 

 

コットン素材が良いでしょう

 

微妙な箇所に用いるシートの場合、肌に優しくて、汗やおりものなどの吸収力が高く、さらに通気性にも富んでいることが必要ですが、この条件にぴったりなのがコットン素材のものなのです。

 

女性の身体はとても敏感ですから、普通の場合には起こらないことでも「生理前後」には注意が必要になってきます。
女性ホルモンのバランスが崩れやすい時には、ちょっとした刺激でも生理不順や肌荒れなどを起しやすくなります。
繊細な部分をしっかりと保護する為には、触りも優しく感じられる天然コットンが安心ですね。

 

 

さらに無香料のコットン素材を選ぶこと

 

臭いの元は、デリケートゾーンのアポクリン線から出る汗が原因ですが、蒸れてしまったり雑菌と混じり合う事で発生します。
通気性の良いコットン素材のものは、汗を吸収して蒸れずに清潔に保つことで、臭いの抑える効果があります。

 

自分でにおいがきついと感じている方は、少しでも抑えたくて香料付きのシートを選び勝ちですが、それは逆効果になることを知って置いてください、
デリケートゾーンの臭いがきつい場合、シートの香料と混じり合って、さらに変な臭いになってしまうことがあるのです。

 

それを防ぐ意味もあってのコットンシートのお勧めです。
下着に付着してしまったおりものの臭いは、洗濯しても落ちない場合もありますから、シートは常日頃から常用したほうがベストでしょう。

 

 

無駄毛の処理も臭い対策には有効です

 

日頃のデリケートゾーンの臭い対策には、無駄毛の処理も良いようですよ。
わきがの場合にも、腋毛を綺麗に剃ることで、雑菌の繁殖を防ぐことができます。

 

同様にデリケートゾーンの無駄毛も、整えてしまうことで臭いの軽減につながります。
長い毛や濃い毛などは、環境を悪化させて雑菌の繁殖が強まったりもしますから、適当に短めに切ったり剃ったりしましょう。
デリケートゾーンの環境を良くするには、その他の方法として「専用の石鹸・クリーム」などもあります。

 

これ等の製品には「臭いを抑える効果」もあり、「雑菌の繁殖を抑える成分」も含まれていますから、臭い対策としては効果が期待できるのです。
臭いに気を取られて日ごろの行動さえ気になり、テンションが低い生活を余儀なくされている方には、これ等の方法をぜひ試してみていただきたいと思います。

 

 

イビサデオドラント

 

イビサデオドラントの口コミで分かった4つの批判を徹底検証! TOPはこちら