デリケートゾーンの臭いに効果的な柿渋エキス

デリケートゾーンの臭いに効果的な柿渋エキス

イビサデオドラント

 

まず、「柿渋エキス」というものを知らないという方、多いと思います。
柿には「渋柿」と「甘柿」があるのは、ご存知ですよね。
一般的には市場に出回る秋の果物の柿は甘い柿ですが、渋い柿は「干し柿・つるし柿」に加工され市販されています。

 

「柿渋エキス」とは、未熟な渋柿の渋み成分を絞って発酵・熟成させた褐色で半透明の液体で、平安時代から利用されてきた伝統あるものです。
漆の下塗りに始まり、下級の侍が着ていた「柿衣」として衣服にも使用されました。
時代を経て、和紙や木製品、木材建築の下地や塗料、そして衣服の染料など広く用いられたようです。

 

最近また、自然派素材として再び注目を浴びていて、長く使用されてきた清酒の清澄剤を始め、シックハウスの症状を起こさない自然派塗料やサビ止め、または除菌スプレー等に用いられても居ます。

 

 

柿渋の成分について

 

昔から柿渋は、生活に密着したものとして重宝されて来ました。
防腐・防虫・防水効果が高い為、木材や和紙の塗料として、また衣服の染料としても広く使用されていました。
生活に密着したものとして、消臭や抗菌の力も利用されていました。

 

居住だけではなく、食でも殺菌作用を利用しての「柿の葉寿司」や、高血圧の民間薬としての「柿の葉茶」などがあげられます。
そして、その他の「ビタミン」や「食物繊維」などの栄養素も見逃せません。
栄養素の中でも、優れた効果があるのが
「ポリフェノール」「タンニン」「カテキン」ですが、その効能を一つずつ説明しましょう。

 

ポリフェノール

 

植物特有の生体成分です。
樹皮や表皮、種子などに含まれる色素成分や苦味・渋味成分です。
主な働きには、コレステロールの酸化の抑制、活性酸素の働きを抑える(動脈硬化や脳梗塞を防ぐ)作用があるとされています。

 

タンニン

 

柿渋の渋い(苦い)成分で、柿だけではなく多くの植物にも含まれていますが、それは葉を動物などに食べられぬよう防いだ結果です。
柿タンニンは、悪臭成分と化学的に結合した結果、変化して消臭効果を持ちました。
その上、微生物やウイルスを寄せ付けない殺菌や防菌効果も併せ持ち、悪臭の発生を抑えることもできるのです。

 

カテキン

 

おなじみのお茶に含まれる苦みや渋みの成分です。
抗酸化作用が非常に強く、抗酸化物質の代表として知られるビタミンEのおよそ50倍の抗酸化力があるといわれています。

 

 

柿渋の消臭効果はとても凄い

 

柿渋の「柿タンニン」?ついては、前に述べました。
柿タンニンは、なぜ体臭の消臭に効果があるのでしょうか、不思議ではありませんか?
その理由は体臭の原因にあります。

 

原因の一つには、雑菌の繁殖があげられます。
体臭の原因は、肌に存在する細菌が皮脂や汗を分解して発生します。
細菌の存在が体臭の元々の原因なのですから、その繁殖を抑えられれば問題は解決します。
柿タンニンの殺菌効果は、雑菌の繁殖を抑えてくれるため、体臭の発生が抑えられる訳です。

 

柿タンニンの消臭効果は、茶カテキンの25倍と言われるほど強力です。
さらに柿タンニンには抗酸化作用がありますから、体の酸化も防ぐという凄い力も持っています。
物凄く期待できる柿タンニンですが、デリケートゾーンの臭い対策にはどのように反応するのでしょうか。

 

デリケートゾーンの臭いは、アポクリン汗に含まれるアンモニア、脂肪や尿素の成分と、皮脂腺から分泌される脂肪酸との混合ですが、それが皮膚の細菌による分解で発生します。
柿タンニンの殺菌作用と柿渋カテキンの抗酸化作用が、デリケートゾーンの臭いの原因を効果的に防ぐのです。

 

デリケートゾーンは女性にとって大切な部分ですから、科学的な成分よりも天然の成分の方が安心安全です。
デリケートゾーンの臭い対策には、柿渋エキスが入っているデオドラント製品がおススメの理由です。

 

 

イビサデオドラント

 

イビサデオドラントの口コミで分かった4つの批判を徹底検証! TOPはこちら